確率計算
で考える
パチンコ
確率計算で考えるパチンコ
「ボーダー理論」は通用するのか?
 「ボーダー理論」と呼ばれているものがあります。曰く、「パチンコは長時間打つとある確率に収束する」。しかし、どのくらい長く打つと収束に近づくのか?ボーダーを超えた台を打った時、どのくらいの長さ打てばどのくらいの確率で勝つことが期待されるのか?自分の打つスタイルを「ボーダー理論」に当てはめるには、何を考えたら良いのか?などなど、単純な「ボーダー理論」が答えてくれないものも多々あります。
 それらについて答えを用意してくれるサイトも結構たくさんあるようですが、このサイトでは、
確率を解析的(数式的)に論じるのではなく、確率に基づいた数値計算を行い、計算上でのパチンコの打ち手の収支を観察し、どのような打ち方をしたら収支はどのような挙動をとるのか?を考えてみます。
 私自身は、「
完全確率」とやらが正しいかどうかは分かりませんし、それに関して主張する気はありません。ただ、完全に確率のみだとすると、どういう挙動をとるのかを考えてみましょう、ということです。
 つまり、このサイトのスタンスは、
「『完全確率』つまりいわゆるボーダー理論が正しいとしましょう。でも、それで勝てるのか?」
ということです。そして、結論を先に言うなら、
「結果の分散が大きすぎて、ボーダーを信じて打つのはリスクが大きすぎる。」
「『俺はボーダーで勝っている』という人は、実際勝っているのは『たまたま』なのか、ボーダーのおかげなのかをキチンと認識するべきである」
という感じです。
 別に「ボーダー」が悪いと言うつもりはなく、最近の極端にギャンブル性を高くする方向が異常だと思いますけどね。まあ、時間がある方は読んで行って下さい。
アントクアリウム
NASAの科学者達が無重力状態でのアリの生態を観察するために作ったアントクアリウム。そして2000年5月。アントクアリウムは宇宙を航行するスペースシャトルSTS107に搭乗、そこで、アクアブルーの透明な美しいトンネルが出来あがりました。
アントクアリウムは今まで見たくても見ることが出来なかったアリの巣を3次元的に観察し、驚くべきアリの世界をアドベンチャーする事ができる「アリのメディア」です。
超おすすめ!一見の価値あり
パチンコ スロット 競馬 サイト検索 からしれんこんランキングに参加してね
Best Site Ranking

@With 人気Webランキング
人気サイト
7's Searth Ranking
JapanGift
相互リンク.net
スキー湯沢

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO