確率計算
で考える
パチンコ
確率計算で考えるパチンコ
「ボーダー理論」は通用するのか?

計算方法

玉1個ずつについて確率計算

このサイトでは、打ち出す玉一個一個に対して確率計算により、スタートチャッカーに入賞するか?大当たりを引くか?確変になるか?などを計算します。確変終了後は大当たり終了後の時短も出来るだけ再現しています。
とは言っても、いくつか近似している部分もあります。したがって、実際の「ボーダー」の回転数がこのサイトの計算により再現されるとは考えません。あくまでも、収支の発散具合を見るのを第一の目的とします。近似しているところは、

1、大当たり出玉は1900個に固定

2、スタートチャッカー以外の入賞の賞球は無視

3、大当たりすると、持ち玉を一気に1900個増やし、時間を5分進める。

4、確変時、時短時は持ち玉の変化なし(打ち出しによる減少と賞球を共に無視)。

5、毎分100個打ち出すとする。

などです。あくまでも目的は収支の発散具合、収支の打ち方依存などを考えることです。絶対値については参考程度に考えます。その目的のためには上記の近似は問題ないと考えますが、致命的な欠陥があるよ、とお気づきの方は教えて頂ければありがたいです。

結果は、数人の収支を

上に述べた方法により、与えられたスタイルで複数人の人間に決められた期間「打って」もらい、その収支の日数の経過にともなう変化をグラフとして見ます。また、各人平均値を求めて、その打ち方のスタイル(一日当たりの予算、制限時間、店の営業形態など)に期待される収支の挙動を考えます。

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO